ワイシャツはなんで安いの?クリーニング料金相場の仕組み

クリーニングの料金って、他の店の料金と比較してみないと、安いの?高いの?が分からないですよね。
ここで、クリーニングの料金の相場を調べてみました。
一例です。

ワイシャツ 250円
スラックス 670円
ジャケット 800円
ネクタイ 450円
ブラウス 600円
スーツ上下 1000円

値段の違いは、なんなの?

個人でクリーニング屋を営んでいる店は、1人か2人で全ての工程が出来る職人さんが行なっています。
クリーニングは、洗いだけで無くてシミ抜きなどの作業も沢山あります。
大量のクリーニング物がある中で、ほぼ1人でこなさないといけないので、かなり大変ですよね?
1着1着を丁寧に全ての工程を行なっていくので、手間がかなり掛かっています。なので、チェーン店よりは金額が遥かに高いです。スーツ上下なら、2.000円が料金相場になります。
チェーン店は、職人さんでは無くて、基本正社員が少なく、パート社員やアルバイトがほとんどになります。各工程に1人ずつで働いていますので、大量のクリーニング物があっても、直ぐに終わります。機械が進化しているので、それ程手間は掛かっていません。スーツ上下なら、1.000円が料金相場ですね。

ワイシャツは、何で安いの?

クリーニング屋と言えば、ワイシャツを出すイメージが強いのは、私だけでしょうか?ワイシャツの料金相場は、店によって全然違いますが、250円程です。サラリーマンが大量のワイシャツをクリーニング屋に持って行く光景を良く見ます。
毎日使うワイシャツは、使用頻度が高いので、金額設定が低くされています。サラリーマンにクリーニングに使ってもらう為に、先ずはワイシャツを安い単価にしておけば、ついでにクリーニングに他の物も出そうかな?と思わせる作戦だとも言われています。

礼服の料金相場は?

冠婚葬祭は、1年の内に何回もある訳では無いですが、続く時は続きます。
1回使えば、必ずクリーニングに出さないといけません。礼服男性上下の普通洗いだと、1.300円位になりますが、生地を絶対に傷めたくないという人は、ハイクラスなクリーニングでお願いした方が良いので、礼服男性上下で、2.600円が相場になります。

まとめ

店によって金額が大きく違ってくるので、少しでも安くしたい!とお考えの方は、ホームページで値段を調べるか、電話で料金を確認してから、クリーニングに出すと良いでしょう。[ケ]